子供の昼寝がいかに大事か身に染みた今日この頃

昨夜の記事の長男の夕寝の話。

夜中絶対起きるだろうなと諦めながら眠りにつきましたが、、

なんと!

1回も起きる事なく朝まで寝ていてくれました。(若干夜驚症がこんにちはしかけたけど)

夕方に2時間半寝ても疲れた時は夜中もぐっすり寝るんですね。(ホッ)

だがしかし、今日の長男の癇癪は激しかったな。。

とは言うものの、お昼寝時間を通り越して出掛けてしまい出先でグズグズ。

車の中で寝ると思いきや運転中に抱っこマンが発動し、大汗かきながら大泣き。ここまで来るともう寝ない。

こっちが泣きたくなりました。

やっぱり、昼寝って大事なんだなと身に染みて感じました。

いかに午前中に体力を使い遊ばせて疲れさせるかが本当に重要で、1人で2人を育児する日は朝から1時間半程散歩。

こっちもクタクタだけど、これも全てスムーズに寝かしつける為。

次男が機嫌の良い時に長男を素早く寝かし付け、長男が寝たら次男と遊ぶor寝かす。

そのためには散歩中に次男を寝かしておきたい。

エルゴならぐっすり寝てくれる次男も、ベビーカーだとさすがに長くは寝てくれなくて、いかに散歩が終わった後スムーズに長男と昼食を済ませ長男を短時間で寝かすか。

本当に毎日が闘いです。

毎日、同じように行かないのが育児。

計画通りにいかないのが育児。

振り回されるのが育児。

ひとつひとつ、小さな育児というピースをはめ込んでピタッと全てがハマった時「はぁ、今日も頑張った、、」と母はホッと一息つけるのです。

コメント