歯ぎしりで顎の疲れ、肩こり、首こりがひどかったがマウスピースで改善された話

知恵

朝起きると、顎が疲れていたり、寝起きなのに首や肩がこっていることはないですか?

私は数年前から朝起きると顎が疲労感でいっぱいでした。

以前から寝ている間の歯ぎしりは妻から指摘されていましたが、歯ぎしり自体は小学校くらいから親に言われていたことだったのであまり気にしていませんでした。

しかしある日、左上の奥歯がかけていることに気づいた事と、朝からの疲労感はさすがに放置できなくなってきた事で、歯ぎしり用のマウスピースをつくることに決め歯科クリニックに行きました。

寝るときにマウスピースをつけるようになってから1年以上たちますが、いろいろと改善されたのでご紹介します。

マウスピース

(使用感があるので引きの画像です。)

マウスピースつける前

歯ぎしりによる悩みをあげると、

朝の顎の疲労感

首こり

肩こり

歯ぎしりの音

エラの筋肉の張り

下顎の骨のでっぱり(下の歯の内側、下顎隆起という)

がありました。

マウスピースつけるようになった後 効果

まず、歯ぎしりの不快な音がなくなりました

顎の疲れがなくなった

首こり

肩こりが楽になった

エラの筋肉の張りも前ほどガチガチではなくなった

寝起きの疲労感がほとんどなくなった

マウスピースのつくりかた

まず歯科クリニックに連絡して歯ぎしりで困っていてマウスピースをつくりたいことを伝え予約をしました。

診療当日、簡単な診察のあとに柔らかい粘土みたいなものをしっかり噛み、上側の歯型をとりました。

1週間ほど経った後、マウスピースは完成し、試着して気になるところや修正するところがなければ完成です。

なぜ歯ぎしりにマウスピースが良いのか

歯と歯の間で緩衝材となり歯を保護できる

歯にかかる力を逃がし、顎、首、肩の負担を軽減する

マウスピースで保護されると精神的にも楽になる

このような点ががあげられます。

金額 価格

近所の歯科クリニックでマウスピースを作ったのですが、保険適用して5000円ほどで作ることができました。

診察をしてもらうと奥歯がすり減っていて、少し顎関節症になっているということが判明。

かなり強い力での歯ぎしりでしょうということで硬いタイプのマウスピースで作りました。

一年以上使っていますが、穴があいたり変形することもなく使えています。

ネットでもマウスピースは購入可能ですが、歯医者さんに診てもらって、歯医者さんで作ってもらうことをおすすめします。

フィット感もあって、会話や呼吸するのにもほとんど影響はありません。

お手入れ

朝はずして、水で洗った後、歯ブラシでブラッシングしています。

たまに洗口液につけ置きして清潔に保っています。

歯磨き粉を使うとマウスピースに細かなき傷がついてしまうので、使わないように気をつけましょう。

あとがき

歯ぎしりの予防でマウスピースをつけるようになり本当に体が楽になりました。

睡眠は毎日のことですし、少しでも質を良くすることが大事ですね。

この頃、ストレートネック予防の枕も購入したのでこちらの記事もぜひ参考にしていただけたらと思います。

肩こり首こりに悩みニトリのストレートネック対応まくらを購入
長時間のスマホの使用で、気づいたら首や肩がガチガチにこってないですか? 私も肩こりや首こりに悩み冬になると冷えのせいかさらに凝りがひどくなります。 朝、目覚めの時も首や肩はスッキリしません。ベッドのマットレスを買い換えようと思い...

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント