昔聴いていたMDの曲たちをUSBへそしてiphoneに移動した話

音楽

中学、高校時代好きなアーティストのCDをTSUTAYAでレンタル、もしくは友達から借りてはMDに録音してソニーのウォークマンで聴いていました。

今30、40代の方はそんな学生生活を送った人も多いと思います。

私の実家はパソコンの購入が遅かったため、周りの友達がipodを使い始めた時もしばらくMDを使っていました。

そのため大量のMD(100枚くらい)がありました。

たまには懐かしい曲も聴きたくなり、実家からMDコンポとともに今の住まいに持ってきたのですが準備が億劫で結局奥にしまったまま。

MDの曲をiTunesに移す方法はないかと困っていると職場に置いてあるMD、CD、USBのオーディオコンポが目に入りました。

型式からネットで取扱説明書を読むとMDからUSBへの録音の方法も書かれていて早速録音してみました。

オーディオコンポの画像

使ったオーディオプレーヤー

ONKYO CD/MD TUNER AMPLIFIER

FR-N7XX

使用方法

USBメモリーを接続する。

録音するMDをセットし、入力をMDにする。

USB●RECボタンを押す。

以上です

倍速録音はできないため、再生時間と同じだけ録音にかかります。

録音してみて

音質

iPhoneに移せただけで満足なのでそこまで期待してなかったですが、CDからインポートの場合とそこまで変わらないと感じました。

曲名

MDにはアルバム名と曲名が全て入力してありましたが、USBへの取り込みでは曲名は入りませんでした。そのためコピペなど手入力が必要です。

iTunesへの移行

USBカードからパソコンにデータをコピーしてから、iTunesに貼り付けました。そして、スマホと同期すれば完了です。

まとめ

長年大量のMDはどうしようかと困っていました。捨てるのはもったいないし、また全てのCDを購入やレンタルしてパソコンにインポートするとなると中々手間とお金がかかります。

もう、お店では取り扱ってない音源もありました。

この方法ならiTunes、そしてiPhoneに移行が簡単にできました。

まだ数十枚のMDが残っているので、全てインポートするとなると時間はかかりそうですが…

MDの曲をiPhoneへの移行でお困りの方に少しでも参考になればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント