2歳の息子が1年越しのディズニーランドデビュー ①

梅雨入り目前の嘘みたいな晴天の日。

こんなご時世のため大きな声では言えないのですが、我が家の長男が2歳を迎えると言う事でランドデビューしてきました。

そもそも本来は1歳のバースデーでランドデビューする予定でした。

チケットもコロナが始まる前から購入してこの日を楽しみにしておりました。

しかし、思いもよらぬ世間はコロナ禍に突入。それでも行く予定ではいました。

長男の誕生日1ヶ月前、私自身に異変が。。

それはしあわせな悪阻でした。

まさかと思い、忘れもしない5月5日こどもの日。

長男の時に全く役に立たなかった妊娠検査薬が見事に陽性。

驚きと歓び、それに引き換え1歳の長男のバースデーランドデビューが無理かもしれないと言うなんとも複雑な気持ちになりました。

長男の時も酷かった悪阻が私を苦しめ、もちろん長男の誕生日当日も絶賛悪阻中でディズニーの夢は夢のまた夢となりました。

そして、長かったようであっという間に1年が経ち、昨年の今頃は誰もがまだコロナ禍に世の中が振り回されてるなんて思っても見なかったはず。

それでも、天下のディズニーリゾート様。

徹底的な感染予防と人数を抑えた完全予約制により念願のディズニーランドデビューを長男の誕生日当日に迎える事が出来ました。

5ヶ月になったばかりの次男はと言うと、寛大な実家の両親のお陰もありお利口さんにお留守番していてくれました。

彼はいつ気が付くだろうか。。

自分だけじぃじ、ばぁばの家に置き去りにされ、父、母、兄だけで楽しい夢の国に行った事を。。

ちゃんとこの穴は後日埋める事として。

私自身も7年ぶりくらい?の夢の国。

そうそう、2018年10月の私の誕生日にもランドに行く予定だったのが長い不妊治療からの長男の妊娠発覚&悪阻で、これまた延期に。

延期、延期でようやく行けた夢の国に自分が子供を連れて行けるなんて、本当に夢の国で夢が叶ったんだなと感慨深いものです。

②へつづく。

コメント